女性

SFAは業務を効率良くするために欠かせないシステム!

資金調達がスムーズになる

名刺

2008年の12月から電子記録債権は実用化されてきました。事業者の資金調達が円滑になるため、面倒な手続きを何度も行なう必要がなくなったのです。電子記録債権1つあれば様々なリスクを軽減させることができます。インターネット上で取引行なうことで手形の紛失や盗難などのトラブルを未然に防げます。また、分割譲渡などの危険も回避することが可能なのです。他には、債権者や債務者、支払額や支払期日などの重要な情報も一括で管理することもできるのです。このように電子記録債権にはあらゆる機能が備わっていますので、今後も利用者が急増するでしょう。
電子記録債権があるとペーパーが要らないため、コスト低減にも繋がります。従来の手形は紙で今でも利用している企業は多いでしょう。1日または月に何枚、何十枚と使用しているとそれだけで費用が無駄になってしまいます。電子化することでシステム上のやり取りとなり、ペーパーレスが実現するのです。

電子記録債権の導入は支払先も導入しなければならないという手間もありますが、導入をすることで数多くの企業がコスト削減することができます。手形発行時の事務リスクなどが低減するため、全体的に問題が改善される効果があることが分かります。印紙税の負担などもなくなりますので、高額の手形発行も無理なく行なえます。郵送料や保管料による負担もありません。
リスク低減やコスト削減を求めている企業にとって、電子記録債権はさらに必要とされること間違いありません。